Screenshot_2016-11-13-20-31-36.jpg

アクセルワールド20巻感想です。
ついに動きだし出したネガビュとプロミネンス。

・・ってまたまたいつもどおり読みながらストーリー忘れていたので、
思い出しながら読みんでいったんですが、

そうそう、加速研究会であろうホワイトコスモスを倒しにいくという話でしたね。


ネガビュとプロミネンスが共同を組むことになるのですが、誰がリーダーとなるのか・・
そこが問題となっており、上の写真からでもわかるように対立する二人・・。

またレベル9同士の戦いが!?
とちょっと匂わせたような絵でしたが、まさかのじゃんけんという普通あっさりした感じの決着でした(笑)

というか、リーダー一人にしなくていいいような気もしますが、、
そんな話もチラッと他の巻で言っていたような気もしましたけども・・。
[ 続きを読む ]

IMG_20160124_114519.jpg

IMG_20160124_120542.jpg
15・18巻どこいった・・見つからなくて諦めました。 右17巻(プール回です)


アクセルワールド15~18感を読みまして、

そろそろエンディングが見えてきたのかなあと感じています。
それに伴ってか、ソードアートとも何か関連性のあることが多々あったりして、
やっぱりソードアートオンラインから何年後の世界なのかなとも思ったりしています。
[ 続きを読む ]

Accel_03980284167863.jpg

梅郷中学の文化祭にて。ハルユキからチケットを受け取った女の子たちと、それを知った黒雪姫の視線によって、盛大な火花が散らされている中。文化祭は、みんなの頑張りをかたちにし、賑やかに進んでいた。

しかしそのさなか、“マゼンダ・シザー”の手によってISSキットを寄生させられていた綸が倒れてしまう。緊急事態を受けて、黒雪姫たちはISSキット本体を護る“大天使メタトロン”討伐ミッションを決行する。万全の戦力で臨むため、まずは“アクア・カレント”救出に挑むハルユキたち。だが、帝城東門で待ち受けていた“四神セイリュウ”の猛攻に、一行はたちまち傷ついていく。

そんな中、セイリュウ最大最凶の攻撃、“レベルドレイン”の恐怖がハルユキに迫る―!
[ 続きを読む ]

Accel_40385098320809223.jpg

新アビリティ「光学誘導」を獲得したシルバー・クロウことハルユキ。ようやく「メタトロン」との決戦の準備が整ったかにみえたが、戦いの舞台は梅郷中学の文化祭へとうつる。「スカーレット・レイン」ことニコと、「アッシュ・ローラー」こと日下部綸に文化祭の招待状を渡してしまったハルユキは、黒雪姫の氷属性なオーラに脅えながらも、クラス展示班の仕事を他のメンバーと協力してやりとげる。

そして、文化祭本番への期待に胸をふくらませるのだった。しかし、加速世界に混沌を広めんとする「マゼンタ・シザー」の魔手が、思わぬ方向から迫りつつあり―。
[ 続きを読む ]

P1020350.jpg

 “大天使メタトロン”打倒のため、シルバー・クロウは新アビリティ“理論鏡面”獲得ミッションに励んでいた。四埜宮謡の助言もあり、ようやくその光明が見えはじめたハルユキだったが、突如現れた謎の最強“レベル1”アバター“ウルフラム・サーベラス”との交戦により、ミッション成就はいまだ果たせないままだった。
 そんな状況の中、“チョコレート装甲”を持つ、小さな貴婦人アバター“ショコラ・パペッター”がハルユキの前に現れた。彼女により、シルバー・クロウは待望のアビリティを得ることに―!?思わずペロペロしたくなるスウィートなアバターも登場する次世代青春エンタテイメント。
[ 続きを読む ]

P1020338.jpg

 ブレイン・バースト内を暗躍する謎の組織“加速研究会”。その総本山“東京ミッドタウン・タワー”の頂に鎮座する、“大天使メタトロン”。完全無敵の神獣級エネミーによって守護されている“加速研究会”を打倒するため、七王会議が開かれた。
 そこで導き出された秘策とは、シルバー・クロウの新アビリティ“理論鏡面”獲得作戦だった。メタトロンの放つ絶対即死極太レーザーにも耐えるアビリティを習得する命を受けたクロウだが、“心意技”がイマジネーションによって生み出されるのに対して、“アビリティ”は行動をトリガーに発現する。そのため、今までのハルユキの強いイメージだけでは、“理論鏡面”アビリティは習得できない。いっこうに糸口が見えないハルユキに対し、“アーダー・メイデン”こと四埜宮謡が哀しい過去を語り始め―。
[ 続きを読む ]