P1020031のコピーのコピー

 黒雪姫率いる“ネガ・ネビュラス”は、シルバー・クロウを“浄化”するため、“アーダー・メイデン救出作戦”を発動した。難度の高いミッションの中、決死の覚悟でシルバー・クロウはアーダー・メイデンと接触するも、“帝城”を守護するエネミー“スザク”の火炎ブレスにより、禁断の不可侵領域―“帝城”内部に突入してしまう。

絶体絶命の危機に陥ったハルユキだが、彼はそこで不思議な“夢”を見る。“クロム・ファルコン”と“サフラン・ブロッサム”。二人のアバターが望み、砕け散ってしまった“災禍”の物語を―。

P1020036のコピー

P1020045.jpg

P1020034のコピーのコピー

 アクセルワールド7巻。友人から借りているこのアクセルワールドですが、その彼や周りの人も言うのが、本当に面白くなっていくのは7,8,9巻辺りからだと……。
1、2……巻とアニメ、ラノベ含めて面白いと思って読んでいたのですが、能美編を終わり、宇宙ステージ編、災禍の鎧編があったりと一層と…どんどんと面白くなってきて…本当の面白さ、アクセルワールドの良さを実感しつつあります(笑。

正直7巻の序盤は何の話をしているのか分からなかったです。てっきり6巻の最後をいいところで終わらせていたので、その続きかと思えば、シルバークロウではなくクロム・ファルコンというキャラの話に。
まさかここで外伝挟むのか!?と思っていたんですが、読み進めていくうちになるほどなという関心。いや、それ以上にクロム・ファルコンの話にどんどん吸い込まれていくようになってましたね。

災禍の鎧に飲み込まれていくハルユキに対して私は、
アクセル・ワールドにどっぷり飲み込まれていってます(笑。



■『アクセル・ワールド ー 銀翼の覚醒ー | バンダイナムコゲームス』公式サイト >>>





アクセル・ワールド 6 浄火の神子 (電撃文庫 か 16-11)
川原 礫
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 1337

アクセル・ワールド -銀翼の覚醒- (初回限定生産版)
バンダイナムコゲームス (2012-09-13)
売り上げランキング: 87

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks