P1020057.jpg

 「許さない。お前を殺す―バーストポイントが全部なくなって、加速世界から消えるまで、殺し続ける」再び“クロム・ディザスター”となってしまったハルユキは、“アッシュ・ローラー”を痛めつけていたアバターたちを鬼神のごとき力で瞬殺する。そして、深部まで完全に“災禍の鎧”と融合してしまうのだった。滅ぼすべき敵を求めて“加速世界”を飛翔するシルバー・クロウ。
 そして彼は、次なるターゲットとして、“ISSキット”とその制作者たる“加速研究会”に憎悪の矛先を向けた。誰も制止不能の狂戦士。そんな彼の前に、一体のアバターが立ちふさがる。その名は、“グリーン・グランデ”。最強の大盾、“ザ・ストライフ”を携える絶対防御の“緑の王”と、呪われた狂気のアバターが激突する―!“災禍の鎧”編、完結。

P1020060.jpg

 ハルユキのクロムディザスター化もついに完結がきた9巻。
新キャラも登場し勢いづく中、挿絵の少女がハルユキの事を「――好きです」と。
まさかまさかの展開。さらにこの少女がまさかあの○○○だったとは、いやはや驚きです。

P1020062.jpg

P1020063.jpg

そして、他の挿絵の中には「――これが、私の決断だ。世界から・・・消えてくれ」と黒雪姫がなんでこんなこと言っているのかと思う絵も。9巻の中でも個人的にはここの内容が一番面白かったかと思うところですね。

今までハルユキをあきらめないと言っていた黒雪姫がどうしてこんなことを言うのか、それは・・・。

・・とネタバレは控えつつ。
この巻で災禍の鎧編も終わり色々決着ついたわけですが、まだまだ色々と謎が多く、特に加速研究会についてはほとんど謎めいています。加速研究会はなんの目的でブレインバーストを使ってやろうとしているのか。彼らが求めるものとは一体・・・。

『私、メガ気になります!』



■『アクセル・ワールド ー 銀翼の覚醒ー | バンダイナムコゲームス』公式サイト >>>





アクセル・ワールド〈9〉七千年の祈り (電撃文庫)
川原 礫
アスキーメディアワークス (2011-10-08)
売り上げランキング: 1787

アクセル・ワールド -銀翼の覚醒- (初回限定生産版)
バンダイナムコゲームス (2012-09-13)
売り上げランキング: 87

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks