edefrfr.jpg

「一人のために、全てを滅ぼせ」


・・・というのをキャッチコピーにしているニーアレプリカント。
ストーリーは東京と言われる世界、誰一人いない廃墟に2人の兄妹がいた。妹が病気で動けない中、兄は次々と来る異様な怪物から妹を守る。しかし、苦労の末原因不明の病気により妹は力尽きてしまい、兄は絶望する。
それから、1412年の時が流れる―――。

ということで『ドラッグオンドラグーン』の製作陣によって開発されたリアルタイムアクションRPGということで気になっていたニーアレプリカントを買ってみました。

P1020074のコピー

P1020076のコピー

パッケージやディスクからもドラッグオンドラグーンの製作陣が作ったのだなあという感じはしますね。
お値段は中古で4000円弱だったでしょうかね。

とりあえずさっそくやってみることに。

bbbbbのコピー

dwadwadgのコピー

dawdadfggのコピー

戦闘では武器だけなく魔法を使えるのですが、魔法の威力が高いのでボス戦では魔法を活用しそうな予感。
↑のストーリーで「黒文病」なのか原因不明の病気により妹は力尽きてしまうというところで終わり。

adawdwadwafのコピー

それから1412年後―――。
奇病の蔓延やマモノの脅威に脅かされる滅び行く世界。小さな村に身寄りの無い兄妹がいた。
妹のヨナは「黒文病」と呼ばれる不治の病にかかっており、又治す術は見つかっていなかった。

死を待つしかないと思われていた時にとある出来事で出会った人語を話す書物、「白の書」の存在が「黒文病」を治す方法の鍵かもしれない事を知るのだった。

――――と1412年後になり、キャラの声はそのままにキャラの見た目だけが変わるので驚きましたね。
さらに過去の事は何事もなく進めていくので、序盤は若干作業ゲーな感じになるかも・・。

wdadwdjijjiのコピー

dawdwafrgthのコピー

wdwadfrgtのコピー

「なん・・・・・・だ、これ・・・・・・・・」


「黒文病」ニーア達の住む世界で蔓延している奇病。感染経路、治療法等一切が不明で発症すれば確実に死に至る病。そっれにヨナも侵されていた。とある遺跡で出会った白の書曰く、『アレに人の作りし薬は効かぬ。』どうやら、痛み止め等で対処療法はできても、人の力で治療はできない。古の歌によれば、白の書が失われし言葉を集めれば、病を治せるらしい。と言うのだった・・。

そこから主人公の旅が始まる。

hjhjhkhj.jpg

dadadaf.jpg

fawfafa.jpg

dwadadfggのコピー

口も態度を粗野で乱暴。そして下着姿の女性や目を隠し続けている少年と色々なキャラが登場していく中、過去との関係も少しづつ進展していっています。

プレイ時間既に10時間。まだまだこれから先が長いそうなので一体クリアまで何時間かかるのだろうか。



■ NieR Replicant - ニーア レプリカント 公式HP >>>







アルティメットヒッツ ニーア レプリカント
スクウェア・エニックス (2011-04-21)
売り上げランキング: 576

ニーアゲシュタルト&レプリカント オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック
SMD (2010-04-21)
売り上げランキング: 1047

ドラマCD「ニーア レプリカント」ウシナワレタコトバトアカイソラ
ゲームドラマCD
フロンティアワークス (2011-04-27)
売り上げランキング: 4361
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks