上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fsefsefsのコピー

今年からニコ生での生放送を初めて半年以上経ちまして、それなりに慣れてきた私です。
ゲーム配信を初めた当初はほんと何から始めればいいかさっぱり分からず、リスナーさんからは画質が悪い、音質が悪いとよく言われ色々設定いじってみたり苦労したものです。

そんな私の放送にも、ゲーム配信をしたいという人がたまに放送に訪れるようにもなってきたので、ここで初めからとは言いませんが、簡単に私のxspritの設定を載せておきたいと思います。


映像ビットレートの値を大きくして画質重視の設定に。
上は音声重視、下は画質重視

映像ビットレート 256kbps + 音声ビットレート 128kbps = 384kbps
映像ビットレート 272kbps + 音声ビットレート 112kbps = 384kbps
映像ビットレート 288kbps + 音声ビットレート 96kbps = 384kbps
映像ビットレート 312kbps + 音声ビットレート 72kbps = 384kbps
映像ビットレート 320kbps + 音声ビットレート 64kb p= 384kbps
映像ビットレート 380kbps + 音声ビットレート 3.95kbps = 383.95kbps

=384kbps という数値になっているのは映像ビットレートと音声ビットレートの合計が384kbps以下にしなければいけないからです。それ以上だとノイズや映像がカクカクになってりします。

個人的には私も使っている設定でもある
映像ビットレート 380kbps + 音声ビットレート 3.95kbps = 383.95kbps
がいいかと思います。音声的にも普通なので画質に要点を置くならこれがベストかと。

dwadaddのコピー

↑これが私のXspritの設定です。プリセットは『slow』と『slower』があり後者の方が画質が向上しますが、より高い負荷がPCにかかるので、両方試してみて決めるのがいいかと思います。

fefwfwfweのコピー

次に解像度。全画面で配信する人も多いですが、以下の比率がオススメです。

512 x 384(アスペクト比4:3)
512 x 288(アスペクト比16:9)

画質の荒さ、ノイズ、画質のカクカクが軽減されます。

――と以上の事を設定すればすこし画質が安定するかと思います。
ここでは私が使っているBUFFALO PC-SDVD/ U2G ソフトウェアエンコード対応 USB2.0用ビデオキャプチャーを使って細かいことは抜きにした設定方法となりましたが、もっとより高画質にしたい場合はHDMIビデオキャプチャー等、よりよいビデオキャプチャーを使うと更に画質が綺麗になるかと思います。

こちらが私のコミュニティですので、よかったら覗いてみてくださいね。
ネイビーな放送 co1618762







関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。