上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P1020244.jpg

ということで魔法科高校生の劣等生8巻の感想です。
ちょうどこの間7巻を読み終えたところだったのでこの8巻が早く読みたいな~と思っていたんですよね。

7巻の最後にも8巻ではWEB上屈指の人気エピソード『追憶』編、登場!なんて書いてあるもんですから、かなり気になっていたんです。
と前置きはこのくらいにして・・

P1020242.jpg

中学一年生の司波深雪は、自分の兄が苦手だった。一体何を考えているのか分からないから。
家族でありながら使用人同然の扱いを受けているにもかかわらず…全く意に介さない。兄と目が合えば、深雪の口からは、不機嫌な声が出てしまう。
そんな妹に、『ガーディアン』として完璧に付き従う兄。そこには一切の油断もミスも無い。そして、一切の『感情』も。理不尽だとは分かっていても、深雪は兄に苛立ちをぶつけることしか出来なかった。自分の、ただの我が儘だと分かっていても。
今とは全く異なる、達也と深雪の関係と、その心の中―。三年前、沖縄で起きた『出来事』によって、二人の心と、その運命が、大きく変わっていく。

というわけで過去の話がメインとなる今回の話でしたが、やっぱり気になっていた昔の達也と深雪の関係は読んでいて面白かったですね。
昔の深雪にとって達也は何を考えているかわからない存在。自分の事を妹なのに「お嬢様」と呼ぶ達也に違和感、不快感、苦手な存在としていましたが、
それが、話を進むにつれて徐々に兄に対して見方が少しずつ変化していくところは読んでいて飽きることを感じさせませんでしたね。

P1020233.jpg

そして、今回挿絵初登場となる達也と深雪の母親になる司波深夜。
これまた挿絵お初の風間大尉、真田中尉の姿もありました。

P1020237.jpg

風間大尉思った以上に渋いっ!防衛陸軍大尉だけあって渋いっ!

そんな風間大尉に向かって「彼らは深雪を手に掛けました。その報いを受けさせなければなりません」…と中学一年生ながらにして、戦場に出ることになった達也ですが、圧倒的な達也の力の前に敵は消えていく・・・。

ということで、8巻追憶編 でした。
文庫本も8冊になりそろそろアニメ化が来てもいい気がしますけど・・作者さんにはもう既にきているかもしれませんよね。ドラマCDだって・・いやオーディオドラマDVDでした。
というかドラマDVDって初めて聞きました(笑
そのドラマDVDがきていますから次にくるのはやはりアニメですよね。
アニメ来年来る・・かな・・?

さて、次巻は『ついにアメリカ軍の魔法師が日本に襲来!』最新第9巻、2013年3月10日発売予定!達也の学園生活はどうなるのか注目ですね。それでは。



■ 魔法科高校の劣等生 - スクウェア・エニックス >>>

魔法科高校の劣等生(8) 追憶編 (電撃文庫)
佐島勤
アスキー・メディアワークス (2012-12-08)
売り上げランキング: 24

魔法科高校の劣等生(1) (Gファンタジーコミックススーパー)
きたうみ つな
スクウェア・エニックス (2012-09-10)

オーディオドラマDVD 『魔法科高校の劣等生』
アスキー・メディアワークス (2012-12-20)
売り上げランキング: 7667
関連記事


コメント

  1. 名無し3 | -

    No title

    画像は真夜じゃなくて兄弟の継母の小百合ですよ。

    ( 16:01 )

  2. ネイビー | -

    Re: No title

    教えてくださり有難うございますm(_ _)m

    紛らわしいのでそこの部分のところ削除してしまいますね。

    ( 18:31 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。