上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P1020311.jpg

昭和一〇一年夏、廃墟の町“尽天”。暴走した戦闘兵器に襲われた叶葉は、棺で眠る不思議な少年に出会う。命令無しに動けないという少年に、叶葉は自分を助けるよう頼む。それは、少女と少年が“主従の契約”を結んだ瞬間だった。少年は、軍最強の兵器“鬼虫”の“蜂”九曜と名乗った。兵器ゆえに人としての感情が欠落している九曜だが、叶葉はそんな彼を一人の人間として扱い交流していく。徐々に心を通わせていく二人。しかし平穏な日々は、同じ鬼虫である“蜻蛉”竜胆の飛来によって打ち砕かれ―!?閉じられた町を舞台に、最強の兵器たちが繰り広げるノンストップ・アクション。第18回電撃小説大賞“大賞”受賞作。

P1020312.jpg

P1020316.jpg

さて、今回はエスケヱプ・スピヰドを友人に勧められて購入し、読んでみた感想です。
あらすじとしては、上に書いてあるように廃墟の町の中生きていく人々、それを脅かす兵器という訳なのですが、その兵器の中でも、叶葉が偶然見つけた軍最強の兵器“鬼虫”の“蜂”九曜という少年の成長が見どころになっている物語だと思います。

叶葉と九曜との関係の進展、九曜の兵器としてではなく人々との生活によって変化していく心。
そこに現れた宿敵の竜胆。兵器としてただ戦うだけではなく、九曜の守るための戦いに注目してほしい作品かと思います。

電撃大賞としては綺麗にまとめられているとは思いましたが、少々内容の方がインパクトが弱かったり、予想を超えるという展開が欲しかったかなぁと。アニメにすると迫力が出てインパクトが出ていいかもしれないと思いましたけどね。



■ エスケヱプ・スピヰド - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINE >>>


エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)
九岡 望
アスキーメディアワークス (2012-02-10)
売り上げランキング: 15,961

エスケヱプ・スピヰド 2 (電撃文庫 く 9-2)
九岡 望
アスキー・メディアワークス (2012-06-08)
売り上げランキング: 69,667

エスケヱプ・スピヰド 参 (電撃文庫)
九岡望
アスキー・メディアワークス (2012-12-08)
売り上げランキング: 25,305
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。