P1020338.jpg

 ブレイン・バースト内を暗躍する謎の組織“加速研究会”。その総本山“東京ミッドタウン・タワー”の頂に鎮座する、“大天使メタトロン”。完全無敵の神獣級エネミーによって守護されている“加速研究会”を打倒するため、七王会議が開かれた。
 そこで導き出された秘策とは、シルバー・クロウの新アビリティ“理論鏡面”獲得作戦だった。メタトロンの放つ絶対即死極太レーザーにも耐えるアビリティを習得する命を受けたクロウだが、“心意技”がイマジネーションによって生み出されるのに対して、“アビリティ”は行動をトリガーに発現する。そのため、今までのハルユキの強いイメージだけでは、“理論鏡面”アビリティは習得できない。いっこうに糸口が見えないハルユキに対し、“アーダー・メイデン”こと四埜宮謡が哀しい過去を語り始め―。

P1020345.jpg

 という訳でアクセル・ワールド11巻感想ですが、
あらすじにある通り、メタトロンを攻略するためにシルバークロウの新アビリティをを獲得することになったのですが、そのタイミングで狙ったのかのように突如現れた謎のバーストリンカー(ウルフラム・サーベラス)。彼の最強最硬のメタルカラーがシルバー・クロウの新アビリティを生み出すきっけかになる?
まだ11巻では新アビリティを習得していないのでどうなるのかはわかりませんけれども。

P1020343.jpg

P1020344.jpg

とにかく今回登場したウルフラム・サーベラスの親・ディエルアバターのもつ名前の意味・・そしてメタルカラーが持つ心傷核に、クロウの新アビリティ、さらに加速研究会と・・・
気になる展開が止まらない11巻。あっという間に読み切ってしまうほど面白かったです。

次巻は挿絵からして風子さんがすごいことに!? それでは。




■『アクセル・ワールド ー 銀翼の覚醒ー | バンダイナムコゲームス』公式サイト >>>





アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)
川原 礫
アスキーメディアワークス (2012-04-10)
売り上げランキング: 6,010

アクセル・ワールド -加速の頂点- (初回限定生産版)
バンダイナムコゲームス (2013-01-31)
売り上げランキング: 30

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks