P1020350.jpg

 “大天使メタトロン”打倒のため、シルバー・クロウは新アビリティ“理論鏡面”獲得ミッションに励んでいた。四埜宮謡の助言もあり、ようやくその光明が見えはじめたハルユキだったが、突如現れた謎の最強“レベル1”アバター“ウルフラム・サーベラス”との交戦により、ミッション成就はいまだ果たせないままだった。
 そんな状況の中、“チョコレート装甲”を持つ、小さな貴婦人アバター“ショコラ・パペッター”がハルユキの前に現れた。彼女により、シルバー・クロウは待望のアビリティを得ることに―!?思わずペロペロしたくなるスウィートなアバターも登場する次世代青春エンタテイメント。

P1020352.jpg

 というわけで、アクセルワールド12巻感想です。前回のあとがきに書いてあったショコラ・パペッターの登場が今回の話では重要な役割をしているバーストリンカーの一人なのですが、ショコラというなんだか甘そうな名前のリンカーだけあって、甘そうな必殺技を使う珍しい?バーストリンカーで、ハルユキことシルバークロウと12巻で深く関わってきます。

ちなみにですが、私はチョコは苦手です。バレンタインが近くてもらえないから嫌いという訳ではないんですよっ!・・・と言い訳っぽく聞こえますが、塩っからいとかしょっぱいもの好きで、甘いのは苦手だったりします。……と脱線しましたが(笑。

P1020353.jpg

今回はハルユキ君が甘そうな名前のショコラ・パペッターをprprしてしまう!? そんな展開があったりしてしまうのです。チョコは苦手ながらもハルユキ君がprprって羨ま・・・いえ、なんともけしかんやつだっ!

・・・にしてもバーストリンカーの味・・どんな味がするのかは・・・読めば分かります(笑。

そして、ISSキットがこのショコラ・パペッターとも関わってくるので、シリアスのようで、笑いも織り交ぜていて楽しめるかと思いますよ。

P1020354.jpg

ショコラ・パペッター、ISSキットにも注目して欲しいところですが、
12巻では特に挿絵がとくにとくに気になっていました。
フーコ姉さんのこの挿絵・・・
・・・・そんなすごい気になっていた話は12巻の最後の外伝にて書かれています。

どうしてこんな色っぽいのかというのは・・・「カラスさん秘密ですよ」とフーコ姉さんなら言いそうなのでネタバレは控えておきましょうかね。
ともあれ、フーコ姉さんと晴幸が一緒にいるのは確かなのでどんな展開になっていくのかは読んでいて先が先がと気になりましたね。



■『アクセル・ワールド ー 銀翼の覚醒ー | バンダイナムコゲームス』公式サイト >>>





アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫)
川原礫
アスキー・メディアワークス (2012-08-10)
売り上げランキング: 7,334

アクセル・ワールド -加速の頂点- (初回限定生産版)
バンダイナムコゲームス (2013-01-31)
売り上げランキング: 30

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks