P1020432.jpg

「ここは…どこだ…?」目を覚ますと、キリトは巨木が連なる森の中―ファンタジーの“仮想世界”に入り込んでいた。手がかりを求めて辺りを彷徨う彼は、一人の少年と出会う。
「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」この仮想世界の住人―つまり“NPC”である少年は、なんら人間と変わらない感情の豊かさを持ち合わせていた。ユージオと親交を深めていくキリトの脳裏に、とある過去の記憶がよみがえる。それは、子供時代のキリトがユージオと一緒に野山を駆け回っている記憶だった。
そしてそこには、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。名前は、アリス。忘れてはいけないはずの名前だった。ウェブ上で最も支持を得た超人気エピソード。

P1020443.jpgP1020441.jpg
P1020445.jpgP1020449.jpg

ソードアート・オンライン9巻感想です。
SAO、GGOとは違い自分はどうしてここにいるのか?どうなってしまったのか……といった記憶が定かではないキリトが一歩一歩進んでいくといった感じの話になっており、ほんとファンタジー色が強くなったなぁと感じる作品かと思います。

物語の序盤ではいきなりの話の流れに「ん~」と唸りがでるようなちょっと退屈な話でもありました。
一応これが先の展開の伏線になってくることはわかっていたのですが、ソードアートにしてはちょっと喉かな話かなぁというのもあって。
まあ、序盤はそんな感じで読み進めていったのですが私でしたが、ページの半分頃からは既に話にのめり込んで「この後どうなんだ~」とかすごく気になっていましたけどね(笑。


今回の話で『フラクトライト』や『ソウル・トランスレーター』『ニーモニック・ビジュアル』等カタカナ言葉が多く出てきてすこし複雑というべきか堅苦しさも少し感じましたが、すごく考えられている話だなぁと思いました。

データではなく魂という設定の今回、キリトはこの先どうななるのか気になるところです。



■『ソードアート・オンライン ―インフィニティ・モーメント―』公式サイト >>>





ソードアート・オンライン (9) アリシゼーション・ビギニング (電撃文庫)
川原 礫
アスキーメディアワークス (2012-02-10)
売り上げランキング: 6,288

ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント- (通常版)
バンダイナムコゲームス (2013-03-14)
売り上げランキング: 34

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)
川原 礫
アスキー・メディアワークス (2012-10-10)
売り上げランキング: 2,573
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks