swordart_8585722.jpg

謎のファンタジー世界に入り込んでしまったキリト。VRMMOチックなその空間で最初に出会った少年・ユージオ。“NPC”とは思えないほど感情が豊かなその少年と共に、キリトは央都“セントリア”に向かい、そして、二年が過ぎた―。

キリトとユージオは、“北セントリア帝立修剣学院”の“初等練士”となり、それぞれ先輩であるソルティリーナとゴルゴロッソの指導を仰ぎながら、人界最強の秩序執行者“整合騎士”を目指す日々に明け暮れていた。央都を統べる“公理教会”の中枢にたどり着くため、二人はあまたの障害をはねのけ、学院にわずか十二人しか存在しない“上級修剣士”を目指す―!壮大なるヴァーチャル・ワールド・スペクタクル。

swordart_999334.jpg

アリシゼーション編2冊目となるソードアートオンライン10巻感想です。
前半ではラースの意図と目的というところに話が集中していて、ちょっと説明が多い感じ。読んでいて設定、内容の深さを感じましたが、十分理解するにはゆっくりともう2、3回読んだ方が良さそうな気がします。

1回目だとついつい面白い部分が読みたくて、どうしても複雑な話の部分は早送りで読んでしまう傾向があるんですよね…私(笑。


そして、序盤はそんなラースに挑むアスナの行動力の広さがすごいなぁとも思う内容でしたが、その後は再びキリト主体のお話に。

swordart_209485555222.jpg

整合騎士を目指すキリトとユージオの2人がどんどん成長していく様はまさに王道ファンタジー系で面白いです。すこしひねって電子世界という設定がこれまたゲーム好きの私には響くものがありますね。

swordart_993999224.jpg

今回の話で特に熱くさせてのがやはりというべきかウォロとの決闘でしょうかね。
キリトの隠していた技を見せるという点では周りの人はそれほど着目していませんでしたが、キリトの意思の力が剣に作用していったというところはまぎれもなくアクセルでいうところの心意の力。

終わりに向かい、アクセルとの繋がりも気になるところですが、寮監の言った剣の記憶という部分も又気になる部分で、早く11巻が読みたい限り(;;゜皿゜)











ソードアート・オンライン ゲーム公式HP:http://swordart-online-game.channel.or.jp/
ソードアート・オンライン アニメ公式HP:http://www.swordart-online.net/






ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング (電撃文庫)
川原 礫
アスキーメディアワークス (2012-07-10)
売り上げランキング: 3,728

ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント- (通常版)
バンダイナムコゲームス (2013-03-14)
売り上げランキング: 34

ソードアート・オンライン プログレッシブ1 (電撃文庫)
川原 礫
アスキー・メディアワークス (2012-10-10)
売り上げランキング: 2,573
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks