Accel_03980284167863.jpg

梅郷中学の文化祭にて。ハルユキからチケットを受け取った女の子たちと、それを知った黒雪姫の視線によって、盛大な火花が散らされている中。文化祭は、みんなの頑張りをかたちにし、賑やかに進んでいた。

しかしそのさなか、“マゼンダ・シザー”の手によってISSキットを寄生させられていた綸が倒れてしまう。緊急事態を受けて、黒雪姫たちはISSキット本体を護る“大天使メタトロン”討伐ミッションを決行する。万全の戦力で臨むため、まずは“アクア・カレント”救出に挑むハルユキたち。だが、帝城東門で待ち受けていた“四神セイリュウ”の猛攻に、一行はたちまち傷ついていく。

そんな中、セイリュウ最大最凶の攻撃、“レベルドレイン”の恐怖がハルユキに迫る―!

Accel_0980787987987979793748953.jpg
四神として守っている存在は何なのかというところでも気になる部分


アクセルワールド14巻感想です。

アクアカレント救出後に、輪を助けに向かう今巻。
まず、カレント救出の為に四神セイリュウ相手にどう戦うのか注目だったのですが・・・これが思いの他楽々イケてる?

セイリュウはそこまで難しい相手でもないのか?

なんて思っていたらセイリュウのレベルドレインが発動!
レベルドレインの恐怖から逃げるハルユキ達。しかしセイリュウの攻撃は続く・・・。



そんな中、垣間見えた親子の絆。

まさか・・あの2人が親子だったとは・・。

戦闘だけでなく親子の関係に驚かされたセイリュウ戦。


Accel_09994994838745.jpg

Accel_00120923894573984763.jpg

カレント救出後、いよいよタワーへと向かったハルユキ達でしたが、メタトロンん討伐の鍵になるのが、理論鏡面を覚えたシルバークロウ。

そのメタトロン戦での戦闘が一番の見所でもあった今回。


白熱してましたねー

加速していく物語に目が離せないっ


物語終盤では加速研究会が現れ、連れ去られてしまう仲間。
追いかけるハルユキでしたけど、このままでは間に合わないと感じたハルユキに問い掛ける謎の声・・。
その声に流されるまま・・・声を出すハルユキ・・・


「「 着想、メタトロンウィング 」」



メタトロン戦で手に入れた強化外装。
ウィング・・・その名の通り羽。


その翼をつけたハルユキは助けだせるこが出来るのか?というところで今回は終わりました。



メタトロンウィングって強化外装を使い出したときは、カッコ良くて ハルユキメガクール!ってなってましたけど、ウィングって実際どんな機能があるんでしょうか?

他のデュエルアバターが装備するとどうなるのかもすごく気になるところですが、
次回にそこのところを詳しく解説があることを期待して待っていたいと思います!それでは。







アクセル・ワールド (14) ―激光の大天使― (電撃文庫)
川原礫
アスキー・メディアワークス (2013-06-07)
売り上げランキング: 20

アクセル・ワールド13 ―水際の号火― (電撃文庫)
川原礫
アスキー・メディアワークス (2013-02-09)
売り上げランキング: 925

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-07-25)
売り上げランキング: 658
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks