IMG_20160124_114336.jpg

ソードアートオンライン 15巻感想です。

Invading=侵入する, 浸潤する ついにダークテリトリーとの闘いに始まりが訪れようとする



IMG_20160124_114413.jpg

IMG_20160124_114423.jpg

IMG_20160124_114434.jpg

表紙を見てわかるように、心が死んでしまったキリト。それを介抱するアリス。
アリスはキリトの全裸を見てるなのかなとか・・どんな反応するのかなとか
下世話なことばかり考えてしまっております(苦笑)

内容の方は、アドミニストレーター戦が終わり、これでアリゼーション編は終わりかなと思ったら、
まだ続く感じで、、、終わったのになんとなく続くのかあと思って、なかなか読む気力が出なかったんですが、

最近やっと15巻を読む気になって読んでみると、
14巻よりも面白かった(笑)

端的に言うと14巻はアドミニストレーター戦で先がよめる展開の内容でしたが、
15巻は現実世界との問題も含めた話の展開となっていて、

現実世界から、アリスの世界に新たな刺客が現れたりと、
先がよめない展開が楽しく、盛り上がってきましたね。



そして、「心意」この言葉がやはりキーワードになっていますよね。
心の力というのをアクセルワールドでも強く協調していますが、

心がなくなってしまったキリトが、どう復活するのか
心意の力がどうでてくるのか楽しみなところです


ではでは、昨日買ってきたSAO最新19巻を読むと致します。
それでは。


ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)
川原礫
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-08-09)
売り上げランキング: 3,103



関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks