ペルソナ5[2]

ペルソナ5発売日に買ってきました!
時間の合間をみつけてプレイして今4時間ほどプレイしたところまできました。

ストーリーは最初から強烈に引き込まれるというよりは、徐々に気になる点が出てきて、少しずつあの点、この点気になるなあというという感じ。
まだまだ、これからストーリーに盛り上がりが出てくるのでしょうね。

・・と他のブログとかみているとそんな記事が多いですね。
ただ、今回PS4ではスクショや録画が規制されているようで、ちょっとあまり多く画像を載せられないということが残念なところですね。

まあネタバレ防止にはもっともかなとは思いますけどね。
なので、あまりアトラスさんからお叱りが来ないであろう画像を載せようかな・・と。
ペルソナ5[1]

ストーリーは主人公が怪盗団?みたいなところが話のキーでもあり、
ゲーム自体のコンセプトになっていると思います。

キャラのコスチュームから、隠れたり忍び寄ったりの動きの演出はまさに怪盗。
そのほかにも、ステータス画面とか、ところどころ細かな部分で、怪盗っていうコンセプトをもとに、
指名手配犯のような絵だったり、表記やアイコンにも細かなデザインの意図があってカッコイイと思いました。


ペルソナ5_

怪盗っていうテーマだと、FF9も怪盗団でしたね。
他にも名探偵コナンの怪盗キッドとか・・・そういえばキッドって名前のペルソナが出てきていたな。
もしやそこから引用したネーミングの可能性もあったり?

怪盗っていうテーマには難しそうな点がありますよね。
昔バクマンって漫画読んでいたときに、
一応説明すると、漫画の主人公が漫画を書くっていうお話なんですが、

そのときに、怪盗のお話を作ろうか、みたいな話がありましたが、
やはり盗みとなると、実際読む人んだ人が真似をしたりとか、悪い影響があるとか、いろいろ問題となっていましたね。

なので、ペルソナのゲーム雰囲気からも、
怪盗団でも、良い怪盗団なのかなぁと。


ペルソナ5

戦闘の考え方は以前からの作品と同様でしたね。
相手の弱点をついたらそれで、ダウンが取れたりして連続攻撃が可能だったり、総攻撃できたり、

ちなみにプレイしたことあるのはペルソナ3だけなんですが、4でも、主人公は複数のペルソナを召還していましたが、
近作はどうなってくるんでしょうかね。

そこらへんはユーチューブでもしかしたら公開されているのかもしれませんが、
それこそ見たら初めてみる面白い味が減ってしまいそうなので、我慢しておきますかね。


ペルソナ5_2
ペルソナ5_2[1]
ペルソナ5_2[2]

パッケージもスタイリッシュ!
まだまだパッケージのキャラの半分も登場していません。
これから各キャラクターとどんな絡みがしていけるのか楽しみなところです。






ペルソナ5 - PS4
ペルソナ5 - PS4
posted with amazlet at 16.09.17
アトラス (2016-09-15)
売り上げランキング: 2

ペルソナ5 [PS3]
ペルソナ5 [PS3]
posted with amazlet at 16.09.17
アトラス (2016-09-15)
売り上げランキング: 18
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks