蒼の彼方のフォーリズム_20161015[2]

あおかな全ルートクリアしました!
ノベルゲーとしてのボリューム的にはまあまあの内容だったかなぁと。

どちらかというと短めかもしれません。

プレイを始めたのが1ヶ月前くらいでしたので、
クリアまで一ヶ月程度かかっていたことになりますね。

時間の合間見つけてちょこちょこと進めてた日もありました。
・・と、そんなわけでクリアした感想を記録しておきたいと思います!


ルートにおいては、4人のルートがありますが、
まず初めは、何も見ずにっていうのが、個人的なルールなので、もくもくと自分の選択肢頼みでプレイしていきました!

もともとキャラの見た目からもみさきが好きだったので、
みさきルートから進めて行きたいなあという思いで、ルート寄りになるであろう選択肢をなるべく選んでいきました。

結果。
思ったよりも簡単にみさきルートにすんなり進めました!
(友達曰く、選択肢がだいぶわかりやすいので、攻略サイト見ずに希望のルート分岐にいきやすいそうです。
ただ、みさき以降はすべて攻略サイト見ちゃいましたけど・・(苦笑))

蒼の彼方のフォーリズム_20161015
蒼の彼方のフォーリズム_20161015[1]
蒼の彼方のフォーリズム_20161015[3]

みさきルートは、昌也の過去にも大きく関わるストーリーになっていて、
尚且つスポコン系もあり、笑い要素も大いにあり・・・一番楽しめたルートでした!

特に覆面選手とのくだりは面白かった!
そこに入る部長・・思い出すだけで(笑)

もう一回プレイしたいくらい!

みさきルート以外とか、死ぬがよい。
ってくらい一番よかったな~と。


蒼の彼方のフォーリズム_20161015[4]
蒼の彼方のフォーリズム_20161015[5]
蒼の彼方のフォーリズム_20161015[6]

その次は明日香ルートへ。
あおかなの中では一番メインヒロイン的位置づけのキャラであって、王道というような展開?
明日香の素直なところが進めていくなかで可愛いなあと思いましたね。

面白かったのは、やはりフライングサーカスの競技している時ですかね!
突発的な明日香のひらめきが出るのかってワクワクしながらプレイできました!

昌也の過去にも関わってきてましたね。


蒼の彼方のフォーリズム_20161015[7]

そして莉佳ルート。
盛り上がりには少しかけた内容だったかなあと・・。
序盤でところどころ、主人公のラッキースケベでの絡みはあったけど、
少々強引な繋がり方をしていったかなあと・・。

まあ、学校が違うという部分で絡ませづらかったのかなあと。。


蒼の彼方のフォーリズム_20161015[9]
蒼の彼方のフォーリズム_20161015[8]
蒼の彼方のフォーリズム_20161015[10]

最後に真白ルート。
ツンデレ系幼女的なのが好きな人にはオススメルート。
個人的にそっち系はあまり・・という私には、引っかかりはしませんでしたが。

序盤ツンツンしていて、徐々にデレデレしていくって感じでしたね。

莉佳と同様で、フライングサーカスの競技での盛り上がりが弱かったので、
終わった達成感というのはあまり感じられませんでしたかね。。



そんなわけで、ルート的には
みさき→明日香→真白→莉佳っていう順が面白かったです!


終わってから思ったのは、、やはり最後に面白いのを持っていくほうが・・
あとあとの余韻とかを考えると、逆の順でクリアしていくべきだったかなぁと思いました。

あと、一応エロゲーということですが、
はじめて本格的にエロありのゲームでしたが・・・寝てしまいました(笑)

正直、エロとか見てみたいと思ってはいましたが・・(笑)
やってみたら、あまりいらなかったかなあと。
どちらかというと、早くフライングサーカスの試合が見たい!!という気持ちが強かったですね。

なので、ほとんど早送りにしてました(笑)

なんか微妙なコメントも多くなっていますが、
トータル的にはかなり楽しめたゲームです!!

学園生活も面白いですが、とくにフライングサーカスと呼ばれる競技を考えたストーリー展開がよかったです。
初めは空中スポーツって・・て思いましたが、進めていくうちにすごい物語に引き込まれましたし、
とまらなくなったこともありました。

ほんとよく考えて練られたストーリーは圧巻でした!


クリア後に「あおかな」ってゲーム面白かったよーなんて、友達に話ししたりすると
結構周りの友達もプレイしたことがあるって人も多くいまして、驚きましたよね。


ってわけで、あおかな、個人的ゲーム史に残る一作となりました。
面白いので、やったことない人はぜひぜひプレイして欲しい作品のひとつです!


追伸
ゲームクリア後にアニメを見ました!
全13話。2日かけて見ましたけども、正直微妙というか、残念。

この手のアニメは、ゲームへ興味もたせるようなアニメですけど、
あまりにも展開が速くて、そのフォーリズムの世界観というものにはまったく入れない感じでした。

キャラの性格も多少アレンジされてる部分があったのも、13話である程度内容を詰め込む為のものだったのかなあと。

そういえば、ゲームでは昌也さん目線だったので、ほとんど昌也さんの姿を見ることはありませんでしたが、
アニメでは常に映っていた点は新鮮でした。

真白のお母さんが、関西弁の強気なお母さんだったのも斬新でした・・。
ちょっとゲームイメージのキャライメージとギャップがありすぎて、違和感ありありでしたが(苦笑)











蒼の彼方のフォーリズム 初回限定特装版
蒼の彼方のフォーリズム 初回限定特装版
蒼の彼方のフォーリズム Vocal & Sound Collection 限定版蒼の彼方のフォーリズム PREMIUM EDITION 【限定版特典】描き下ろしBOXパッケージ、VISUAL BOOK 、MAXI SINGLE、SOUND TRACK(Short Ver.)、ドラマCD 同梱蒼の彼方のフォーリズム TVアニメ化記念特装版蒼の彼方のフォーリズム 邪神ちゃん マスコット ぬいぐるみ 全3種 セット
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks