Screenshot_2016-11-13-20-31-36.jpg

アクセルワールド20巻感想です。
ついに動きだし出したネガビュとプロミネンス。

・・ってまたまたいつもどおり読みながらストーリー忘れていたので、
思い出しながら読みんでいったんですが、

そうそう、加速研究会であろうホワイトコスモスを倒しにいくという話でしたね。


ネガビュとプロミネンスが共同を組むことになるのですが、誰がリーダーとなるのか・・
そこが問題となっており、上の写真からでもわかるように対立する二人・・。

またレベル9同士の戦いが!?
とちょっと匂わせたような絵でしたが、まさかのじゃんけんという普通あっさりした感じの決着でした(笑)

というか、リーダー一人にしなくていいいような気もしますが、、
そんな話もチラッと他の巻で言っていたような気もしましたけども・・。


Screenshot_2016-11-13-20-32-00.jpg


さて、ハルユキ達がついにホワイトコスモスとの戦い戦場へ・・・
ってところで今巻は終わってしまいましたが、推察するに・・・
きっと誰かしらはブレインバーストを喪失することになりそうな予感。

ニコあたりとか・・王ではあるんですけど、なんかこう重要キャラ位置ではありそうだけど、
危うそうな気がするんですよね・・。


というか最近はそういう危機的状況が弱いかもなあ~と。
その点ではブラックバイスあたりがでてくると、だいぶ盛り上がりそうなので、
次巻あたりで出てくるのを期待していたいと思います!



アクセル・ワールド (20) ―白と黒の相剋― (電撃文庫)
川原礫
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-06-10)
売り上げランキング: 31,506
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks