main.jpg

今更ながらスターウォーズ7を年末のタイミングで見てみましたので、ちょこっと感想を。

スターウォーズは昔に公開されたものは再放送などでよく見ていましたが、なかでもアナキンスカイウォーカーがあのダースベーダーになるまでの話であるエピソード1・2・3はまさに物心ついてる時代で、映画だけにはとどまらず、プレステのゲームまで買っていましたね。

あとあと、ジャンゴフェットのゲームとかも買っていましたね。
ほんと懐かしい・・(笑)

って大分脱線しましたが、それくらいスターウォーズは結構好きな方なんです。

新しく公開されたエピソード7はルークスカイウォーカーの頃の話で、スターウォーズの続きが
1・2・3はあくまでもダースベイダーになる前の過去の話だったわけで、今回のエピソード7はむかーし公開されたものからやっと続編が出たということで、新しい踏み出しという部分でも大事なスタートでもありました。


監督がジョージルーカスから変わってしまったことも大ダメージということもあったんでしょう・・。
正直なところ、全然スターウォーズの熱い戦いがありませんでした・・。

なんというか・・ハンソロを出しておけば・・みたいな感じでしたね。
ダークサイドのカイロレンとのやりとりもなんか珍妙な会話のやりとりでなんか冷めてしまいました。。

周りの人は面白かったと好評の人もいましたけど・・・私的にはライトセーバーの闘いや、宇宙船でのもっと白熱した戦いが見たかったなあと思いました。エピソード1・2・3

なんというか、当時のデススターの時の話を似せている感じも、新しさっていうのがなく 興ざめさせた要因かなと思います。


ローグワンも外れそうな気がします・・。
スターウォーズという名前はそれほどビックタイトルなんだなあと改めて感じましたね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks